手術

603: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/07(土) 01:42:27.76 .net
オレの職場はいわゆるブラック企業。早朝から夜遅くまで必死に働いてる。 
1年ほど前、嫁に子宮筋腫ができ手術をした。女性にはよくある病気で比較的簡単な手術ということで付添いや退院の段取り等、義父母に任せて仕事してた。 
手術前夜「やっぱりちょっと不安だな~云々~ホントは(俺)くんに来て欲しかった~云々~冷蔵庫の中のヨーグルト期限ヤバいかも。食べなかったら処分して~云々」みたいな長いメールが来た。仕事に追われてたオレは「了解。頑張れ。」と返すのがやっとだった。 
無事退院して日常に戻ったワケだがオレは相変わらず忙しく、結婚記念日、嫁誕生日、娘誕生日も仕事で遅くなったリした。 次第にギクシャクして行き年末頃にはとうとう会話しなくなった。 
年が明けて1月ほどたったある日、嫁が酔っ払って帰ってきた。 
上着も脱がずクローゼットでうずくまっていたので「大丈夫か?」と尋ねると「もう手遅れよ!」と叫びトイレに駆け込み泣きながら嘔吐し出した。 
オレの手元にはさっきまでいじっていたであろう嫁のスマホが。画面はLINEトーク、男とのやりとり、「楽しかった」「会いたい」の文字、オレもう動転しちゃったよ。 
嫁を問い詰めると「あなたがほったらかしにしてるからよ。」オレますます動転。



117: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/10(月) 21:48:02.68
手紙続きというか四年越しで時間差発動したパルプンテだが、 

嫁へ 
ずっと一緒にいようって約束したのに、破ってごめん 
こんな俺の隣にいてくれて、本当にありがとう 
再婚したっていい。俺を忘れたっていい 
夫としても、父親としても失格な俺だけど、 
嫁と娘が幸せに生きていくことを、心から願っています 
愛してる 

昔、手術前に書いた手紙(上記内容を便箋一枚に引き伸ばし)が嫁に見付かり、 
ボロボロに泣かれた後、叱られたうえ「愛してる」連呼させられたわ


このページのトップヘ