上司

916: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/21(金) 02:15:47.99 .net
告白します。 

入社5年目のイケメン同期がデブ嫁もらったんだ。 
当時は何トチ狂ってるんだwwって影で笑ってた 

奥さん料理うまくてホームパーテーで上司にも気に入られて 
出世株だんとつですわ・・・。当時に戻って奥さん強奪したい



780: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/11(火) 09:23:05.68 .net
自分は 立場上彼女に指示を出す立場なんだが、彼女の出勤時直前に、外出して、事務員に伝言を頼んだ。仕事終わりのチェックも本来自分の仕事なんだが、事務員に任せた。逆に事務員に不信に思われたかな?不信に思われても好きバレしてないよな?


400: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/20(木) 09:06:26.88 .net
情けない話ですが、当方メンタル系の病院に通っていて薬を服用しています。 
仕事はしてるんですが部下の女性と折り合いが悪くて、最近またメンタルの方が悪化してきました。 
部下の女性が攻撃的で、こちらの仕事の指示は一応聞くんですが納得が行かないと反論が凄いんです。 
本当に情けない話、少し耐えられなくなってしまって私の上司に相談した結果、部下の女性も交えて話し合う事になりました。 
私の主張は部下女性によるパワハラや虐めなんですが 
部下女性はあくまで仕事上私の意見に納得がいかないから、自分の意見を述べただけで 
パワハラや虐めをしてるつもりはないと言う事でした。 
そして驚いた事に部下女性は、私とやり取りした会話の記録のメモやメールの送受信記録等を全て持ってきて 
私と私の上司にこれを見て判断して下さいと言いました。正直、ここまでする部下女性に寒気がしました。 
が、内容を確認した上司は「確かに仕事内容の事でお互いに意見を述べているし、人格や見た目を中傷したりする内容はない。これではパワハラと判断出来ない。」 
と言われました。


680: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/05(日) 17:44:39.94 .net
部下(既婚)とすごく仲が良かった。 
手は出していないけれど。 
有能だし心遣いのできる、素晴らしい部下で人間的にも敬意があるし異性としても魅力がある。 
気も合うのでいい仕事を楽しくできてきた。 

しかし部下(既婚)が家庭内であんまり俺の話をしていたらしく、 
よせばいいのに俺と旦那を比べる発言でとうとう旦那の逆鱗に触れたらしく 
部下は旦那命令で退職する。 

切ねえ。 
性格的に絶対この子、職場の話を家庭に持ち込みそうだと思っていたけれど 
かと言ってそれを塞ごうとするのも鬱陶しいだろうと思って敢えてその指摘はしなかったけれど 
今となっては、まあ仕方ないけれど。。


818: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/18(木) 11:46:41.36 .net
結婚してから仕事も嫌になってきた。 

仕事は楽しいし大好きだったんだけど、嫁のために稼いでると思うとやる気がなくなる。


93: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/16(火) 22:18:11.92 .net
飲みに誘って割り勘の上司ってなんなの? 
別に割り勘でいいけど、飲みの席まで上司面すんなよ 
気を使って相手してやって、金も取られるって罰ゲームか 
あーふざけるな


796: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/13(土) 10:07:09.21 .net
上司が強烈な個性で困る 

労組幹部出身で課長昇格につき現場復帰 
労組時代は残業させるなと経営に文句言ってたのに 
自分の部署は残業し放題(残業代は出る) 
部下を叱り飛ばすのが趣味みたいな人  
他部署に自分の部下が攻撃されると必ず反撃するから良い人でもあるんだが


88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/10(水) 17:21:17.57 .net
婚約してた女に浮気されてて、それが式二週間前に発覚したんだ 
婚約者の相手は会社の上司で、 
結婚式二週間前に匿名で興信所の調査結果が送られてきたよ 

しばらく落ち込んでたからか、幼稚園からの幼なじみが毎日慰めにきてくれてて 
白紙の婚姻届みて、「わたしにすれば良かったのに」と言われて「そうかもね」と答えたら 
「そうしよう」 
と言われて、なんとなく、空欄埋めたら、そのまま提出されちゃった


482: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/11/22(土) 00:07:57.12
会社で上司に無視されて惨めな気持ちのまま玄関前まで来てること 
玄関前までの顔を隠してる


414: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/30(日) 00:25:06.42 .net
いや~女って怖いなって改めて思い知らされたよ 
一昔前だと威張り散らして怒鳴り散らしてる上司って普通にいたじゃん 
今の時代はあれ表立って嫌われるからな 
そんな昔ながらの退職間近の勘違い上司がうちの事業所にいたんだけどさ 
うちの事業所の女子社員たちが手を組んで 
困っていた男性社員達の知らない間にしかるべき部署とを話つけた 
本社の総務の女子社員達とコミュニケーションとって味方につけて 
時代錯誤の上司を東北の閑職に追いやったw 
役員なんてのはどこの会社も男性ばっかじゃん 
美人社員の言うことはホイホイ言うこと聞くわけよ男なんて 
怖いね女って


106: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/25(月) 00:01:19.99
修士出で2年間地方の工場から本社開発営業として呼ばれた 
新しいプロジェクトで俺入れて10人のグループでリーダーは2つ上だったが 
リーダー以外は仲も良く仕事後も遊んでいた 
その中で大卒2年目の女の子が同じ大学だったんで大学の話で盛り上がった 
仕事で失敗しても彼女のフォローしていたりして、結構頼られていた 
彼女は仕事はあまりできないが素直なところが気に入り、彼女にしたいと思っていた 
彼女が失敗する度にリーダーが泣き出すほど叱責していた 
ただ他のメンバーも同じようにかなり厳しく叱責していたから苛めていたわけじゃない 
メンバーに対する対応が誰に対してもきつくて、雰囲気がいいものじゃなかった 
リーダーは自分で抱える癖があり、その時もある問題を一人で悩んでいた 
俺は学生時代インターンで行った会社で類似事例を経験していたので 
問題解決案の報告書を作成して、時間なくリーダーはそのまま責任者会議に提出 
会議は上手く行ってその日から俺にはきつく当たらなくなった 
メンバーは言いにくいことがあると俺を通してリーダーに報告することが多くなり 
最初のギスギスした雰囲気が和らいできた 
仕事があまりできない彼女を助けながら、プロジェクトは最終段階に入っていた 
リーダーは仕事の圧力からイラつく事も多くなり、つい関西人のノリで 
その度に可愛い顔が台無しですって言ってクールダウンさせていた 
リーダーと俺だけになった時にまたイラついていたので 
又かと思いながら同じセリフを言ったら 
どこがかわいいのって眉間にしわを寄せって言いてきたので 
焦って見たこともないのに 
成功した時に小さくガッツボーズするのが 
とてもツボにはいっていますって言った 
その時は何も反応がなかったがそれから俺が見えるところで小さくガッツポーズするようになった 
反応がほしいのだろうと思いウインクしたり、GJしていた 
無事プロジェクトが完了し事業化する時にリーダーにお礼をしたいと言われ 
二人で記憶なるまで飲んで、知らないベットの中でごはんを作る音で目が覚めた 
プロジェクトの圧力のなくなったリーダーは、融通は利かないが人の気持ちは分かる人間 
でも自分の気持ちを伝えるのが下手で甘えるのも下手で泣き上戸な人でした 
美味しいごはんが忘れられず、1年一緒に暮らして結婚した

 218: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/20(日) 19:58:03.96
経済力は大事だな 
自分と同棲していた時代にはおかず2品ぐらい+味噌汁+ご飯ぐらいしか作らなかったのに 
別の男と結婚してから、大量のおかずを並べはじめるようになった元カノ 

俺にお金があれば幸せにしてあげれたのに 
貧乏すぎて別れたのは間違いだったか


108: 名無しさん@HOME 2012/08/16(木) 12:53:20.97 0
相談お願いします

・家庭の状況、自分や配偶者等登場人物の詳細(必須)
夫…会社員。夫上司の私へのセクハラについて訴えても否定してくる。それ以外はいい人
私…小梨パート主婦。ぽっちゃり体型で容姿はよくない。女友達に色白モチ肌を褒められる程度
夫の直属の上司…金曜飲み会の後毎週家に来る。セクハラしてくる
上司の妻…モデル体型でモデルみたいにおしゃれで痩せてる美人専業妻。

・悩みの原因やその背景(必須)
毎週金曜の職場の飲み会後、夫の直属の上司が毎週家に来て呑んでいく。
作って出すのはおつまみ程度なので我慢できなくもないがセクハラが耐え難い
夫に訴えても下記の夫上司による巧妙なやり口により、気のせいだと言われる

以下セクハラ詳細

59: 名無しさん@HOME 2014/06/04(水) 21:01:27.71 0
一年前のGWの連休の頃は、愛する妻と、「旅行楽しかったですね。来年も行きましょうね。」などと笑顔で話し
何もかもが幸せだった。この幸せがいつまでも続くと思っていた。

まさかこんなことになってしまうとは予想も出来なかった。
俺はソファーに力無く座り込み俯いたまま、立つことはおろか顔を上げる気力も無い。
妻は淡々と身の回りの品をバッグに詰め込み家を出て行く準備をしている。
俺は心の中で自問自答していた。何故こんなことになってしまったのか?
何が駄目だったのか?俺が悪かったのか?答えは出ない。

気が付くと妻はバッグを肩に掛け、俺の傍らに佇んでいた。そして寂しそうに一言「実家に帰ります。」
俺は小さく頷いた。妻はゆっくりと俺に背を向け、静かに出て行った。家の中は静寂に包まれる。
俺は居た堪れなくなって煙草を咥え愛用のをオイルライター取り出し火を点ける。
「キンッ。シュボッ」煙を吸い込み一呼吸を置いてゆっくりと吐き出す。
妻に家の中での喫煙は固く禁じられていたが、今となっては関係無い。何もかもが空しい・・・
いつの間にか俺はソファーで眠っていた。暗闇が全てを忘れさせてくれる。
・・・どれくらい眠っただろうか?俺は何とか身を起こし朦朧としながら時計を見る。

妻は実家に帰ってしまった・・・辛い現実に引き戻されそうになり、暗闇の世界へ戻ろうと再び目を閉じる。

続きます。


このページのトップヘ