おもちゃ

352: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/20(月) 21:42:36.99 .net
プリキュアのおもちゃ買うくらいなら絵本の2~3冊も買ってやった方が良いのは重々承知してるんだが、 
子供の笑顔が違うんだよな・・・結局絵本も両方買っちゃう俺ガイル。しかし絵本って溜まるよな~



13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/17(水) 16:32:24.47 .net
これからのオモチャ(ゲーム)てタブレットだけで済みそうだよな、、、 
PSPやら3DSやらのソフトが流れて行きそうやし。 

うちの息子3歳と5ヶ月やけど物心付いた時からタブレットに触れてる訳やからなあ。 
俺のでたまにWRCとかトランスフォーマーとか見せてるだけやけど。


65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/07(火) 00:23:43.40 .net
嫁にガッカリしてしまった瞬間。 

俺に対して、俺母へ悪印象を持たせようとしているのがバレた時。 
嫁と母は昔いざこざがあったが、今は表面上良好な関係。 
だが、たまに母への嫌悪感が見え隠れ。 

この間、孫のおもちゃを買うために母がデパートの行列に並んだらしいのだが、 
予想外に人が多かったらしく、けっこう疲れたんだそうだ。 
で、それをメールで伝えられた嫁が憎たらしげに、 
「それを私に言って、嫌味のつもりかな?自分で勝手に並んだくせにウザいわ」 
と俺に愚痴った。 

だが、実はそのメール、Ccで俺にも届いていた。 
「このメールだろ?世間話で書いてあるだけで、嫌味ったらしさは特にないけど…」 
と指摘したら、 
「あーそのメールだったかな?どうだったかな、忘れた」 
みたいにとぼけて、さっさと話題を終わらせてしまった。 

俺は昔から、陰でその場にいない人の悪口を言い合う「女々しい」女が 
嫌いで、嫁は勝気な性格もあってそういう側面は見えず、そんな所に惚れて結婚した 
ところもあったんだが、やっぱり嫁もそういう印象操作する人間なんだと思うと 
何だか体の力が抜けてしまったわ。 

そういえば、嫁から聞いていた母の悪行についていくつか 
「あの母がそんな事するのか…?」と疑問に思う事もあったが、 
女同士だと汚い面も見え隠れするのかと一応納得していた。 
でも、あれも嫁の印象操作だったのかもしれない。 

まぁ、ここで愚痴ってる俺も結局同類か。 
けっこう堪えたんだが誰にも言えなくて。すまん


211: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/22(日) 16:57:01.52 .net
ちょっと前から押し車に座ろうとしてたから先日、乗って遊ぶ車のおもちゃを買って帰った 
新品買ってやりたかったが給料少ないし小遣いも少ないからブックオフで購入 
帰ったの遅くて1歳3ヶ月の息子が車を発見したのは朝 
「あ~!あ~!」と言って目をキラキラさせて車と俺の顔を交互に見てた 
俺が「ちょうだいなしてきたよー」と言うとニコニコして弄くり倒してた 
近頃は電車が通ると「あ!でんじゃ!」というから今度は電車のおもちゃを買って帰ろう


408: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/08(土) 00:18:32.39
来週、息子が2歳になる。誕生日プレゼント何がいいかなぁ… 
虎の子のトッキュージャーは嫁さんに取られてしまった。嫁さんに勝てるプレゼントは何だろう…? 
来月には下の子が産まれるから長期間夢中になれるのがいいなあ。 
DSは早いよな…?

422: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/11(水) 02:28:06.11
二歳十一ヶ月の娘。 
家族でご飯屋さんに行ったときの話。 
俺と妻は野菜カレーを頼んで娘はお子様カレーを頼んだ(どんだけカレー好きの一家だ(^-^;)) 
お子様カレーにはおまけがあってかごの中から好きなオモチャを一つ選べる。 
店員が女の子用のオモチャのかごと男の子用のオモチャのかごを娘の前に置き、娘は女の子用のオモチャには目もくれず男の子用のかごを漁り緑色の車を選んだ。 
女の子用のネックレスとか指輪とかには全く興味が無いらしい(--;) 
娘は緑色の車が気に入ったらしく、家に帰っても遊んでいた。 
娘よ、もうちょっと女の子のオモチャにも興味を持ってくれ 
後日談、車のオモチャは外にも黄、赤、青、白があるのだが、全種類コンプさせられました(>_<)

780: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2008/06/30(月) 00:35:05
帰ったらテーブルの上に手作りの小さなケーキが五つ置いてあってだな、「この中にはずれがあります(はぁと)」な手紙がおいてあったときの絶望感。


782: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2008/06/30(月) 00:42:46
>>780
1個は食えるってことじゃないか



このページのトップヘ