修羅場

643: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/11/01(土) 00:09:46.13
色々省略してる部分はあるがおおまかに。 

同僚の嫁がメシマズで、俺の嫁が普通。 
それは俺と同僚の弁当をトレードして確認済み。同僚の弁当見た目おいしそうなのに飲み込めないものばかりだった。 
そんで同僚の頼みで、嫁が普段作っている比較的簡単調理の料理のレシピを、同僚経由で同僚嫁に渡し続けること1ヶ月。 
嫁と同じ味には出来ないものの、飲み込める物が出て来て同僚は感動。 
同僚が感動したことに同僚嫁は納得いかずに大爆発。 
「なんでよそのレシピでそんなに喜ぶんだ!」と夫婦喧嘩勃発した模様。 
(同僚嫁から俺に電話があって発覚。俺の嫁のことを「豚嫁!」と言われたので「お前こそ豚嫁!」と言い返したら切られた) 
ハサミを持ち出した同僚嫁、同僚の耳たぶにパックリいかれ、同僚はそのまま会社近くの夜間対応病院へ行った。 

その病院から俺に謝罪の電話があったので、事情を聞いて同僚を迎えに行き、申し訳ないが会社の駐車場で車中泊。 
翌日、俺と同僚は社長に呼び出され、「同僚の奥さんから電話があった。暴力を振るったそうだな」とお叱りを受ける。 
どうやら「昨日のDVは許してあげるから今夜は帰って来て」と嘘電話していたらしい同僚嫁。 
同僚は社長に耳たぶを見せて事情説明し、離婚したいと告げると、社長は「弁護士いる?」と打診。 
同僚悩み中。今日までの出来事。 

それで一番驚いてるのはじゃんじゃん俺の携帯に、同僚嫁から電話がかかってきて、めちゃくちゃきれられてること。 
同僚は独身の会社の奴らの家に泊めて貰っているので「旦那を家に戻せ!」とか、「あなたがなにか吹き込んだんでしょ!?死ね!」とか「あなたの嫁、旦那と浮気してんじゃないの!?」とか「いい気になるなよ豚!」とかもうウンザリだ。 
これって、もし同僚が離婚する場合、同僚の有利になるように証拠として録音とかしておいた方がいい? 
正直、嫁をバカにされて多少言い返してしまい、色々面倒にならないか不安だ。



425: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/09/23(火) 23:47:18.08
初めて嫁に殴られたわ。こっちは防御のみ、相手はぶんぶん拳ふる、空き缶の入った袋で殴る、ビールかける。子供は止めてと泣きじゃくる。 

嫁が短気でイライラがたまってて、ついこっちがきれて大声出してしまったが、家出てけ、もう一生飯作らねぇだとよ。こっちはこっちで色々気を使ってるのに、自分勝手でいいかげんにしてほしいわ


445: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/08/04(月) 00:04:45.76
初カキコです。 
40すぎて結婚した男だけど、30代前半の妻が子宮ケイガンの治療を数年前にしていて、 
それを承知で結婚(ゼロ期なので、完全治癒)。 
ところが、今回、妻が、性クラミジアに感染しているのがわかった。 
原因は、妻サイド(俺は検査したけど、俺由来でないのは診断済み)。 
さすがにへこんだし、自分を嘲笑したわ。 
 四ヶ月後に赤ん坊が生まれるというのに……  
俺への検査も激痛すぎて、怒りのやり場なかったわ。 
人生最大の痛苦だったし、下半身露出も情けなかったしで。


148: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/06(金) 19:08:47.80
娘がメルちゃんって人形と風呂に入ってて、嫁に水抜いてくれって言われたから頭引っこ抜いて振り回してたら、人殺しー!!人殺しー!!って娘に泣き叫ばれて、隣の部屋の人が大丈夫ですカー!!ってチャイムとドア叩きラッシュにあったorz

878: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/13(日) 22:58:28.46
嫁が出張から帰ってきた俺に飯作ってくれるって張り切ってて 
何食べたい?って帰宅する前日から聞いてきててそれが凄い嬉しくてさ 
このスレのこと思い出して「愛してる」って言うチャンスだなと思ったわけよ 
そんで当日、帰宅してきたら嫁が暗い顔してるわけ 
食卓にはカレーとサラダ。俺がリクエストしたのと違うけど・・・張り切ってた割りには寂しい食卓だったけど 
嫁の顔見て何かを察知したから努めて気にしない風にして「お、美味そうだな~」って言ったらさ 
「美味しくないよ。レトルトだもん」とか言うわけよ。聞いたらIHが壊れたらしいんだよな、よりにもよって 
嫁、大事なときに何かトラブルが起こるのが昔からそういうところがあって、むくれてる嫁の顔見てたら可笑しさと愛おしさがこみ上げてきて、 
爆笑したんだ、俺。そしたら嫁の頬もだんだん緩んできて、一緒に笑った・・・なんてことにはならず。「何笑ってんの?氏ねワキガ野郎」って激怒して 
口利いてくれなくなった。このスレのせいだわ。お前ら全員不幸になりますように

このページのトップヘ