馴れ初め

827: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/27(土) 20:59:43.96 .net
先日、長男が生まれて気分が良いので。 

結婚当時、私33歳、妻24歳。 
元々私の「従兄弟の妻」でしたが、従兄弟が放逐されて、しばらく経って、私の妻となりました。



786: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/26(金) 18:03:11.02 .net
初めてこのスレにきた 
うちの馴れ初めは事故の被害者と加害者だったわ


714: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/24(水) 22:32:36.68 .net
一番上の子が成人した 
早いなぁーとしみじみしてばかりだ最近 

嫁は5つ上で、俺が小5の時高1の嫁と出会った 
バスが同じで、毎朝バスで話していた 
ハーフで浅黒い肌だったからそれがコンプレックスだったんだけど嫁に「かっこいー!男前って感じ!」と褒められまくっていつの間にか気にならなくなってたんだよな 
まあそんなんだから当然俺の初恋は嫁 
でも嫁からしたらただの子どもだからね、普通に彼氏いた 
そのあと3回の告白を経て俺21嫁26の時に付き合い始めた 
周りは「アラサーじゃん」とうるさかったが、俺にとってはなによりもかわいくて大切な嫁 
今も大好きです 
ちょいたぷたぷなお腹さわるの好き。怒られるけど


700: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/24(水) 07:09:46.33 .net
乱文&細切れになるのでご容赦を。 

若かりしころ、男女数人でよく遊ぶ輪を作ってたんだ。まあよくあるよね。 
カラオケ行ったり、クルマ数台で遠出したり、BBQしたりして… 
自然にそれぞれくっ付いてカップルになったり、メンバーが増えたり入れ替ったりしても何年も遊んでた。 
オレも何回かくっ付けるために協力してたっけな。 

そんな中であるときから新メンバーとして入ってきたのが嫁。第一印象は「細いな」だったw 
冬場って誰でもある程度着込んでるから、それでも細く見えるってかなりだよね。 
だがほっそりして控えめな見た目と裏腹に、カラオケで「ピンクの電話の細い方」のモノマネで歌ったりするぶっ飛びぶりを 
見せたりするかと思えば、話してみると控えめながらも受身オンリーではなくきちんと自分からも新たな話題を投入したり、 
人の話に対して掘り下げて会話を面白くしたりできる子だったのが好印象だったよ。 

でも当時オレはまあ他のメンバーと付き合ってたんで、楽しい遊び仲間が増えたなあって認識してた。 

すまんそろそろ始業するんで、ここで一旦切ります


652: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/23(火) 09:53:34.53 .net
嫁とは高校の同級生だった 
クラスは一緒になったことが無かったが、お互いに高1のときに合コンの数合わせで嫁を誘ったときに初顔合わせ 
合コンメンバーは、男子が、俺と同中で違う高校(男子校)に行ったイケメンバスケ部員+その友人二人+俺 
女子は、俺と同じテニス部の同級生三人+そのうちの一人の友人の美術部員(これが嫁) 
女子は4人目がどうしても見つからず、相手方がバスケ部員だったので「バスケ好きな女子」ということで嫁を誘ってもらった 
が、この嫁、まったく隠さない腐女子で、合コンの最中に男子連中を使ってカップリングを作っては創作を語り始める痛いヤツだった 
自然に俺が嫁の腐女子ネタを防ぐための専属ブロック要員となった 
疲弊しながらも合コンは無事終了 
同級生女子はイケメンとのつながりができて大喜び 
男子校の友人たちは女子と交流できるだけで喜んでいたので合コン自体は成功(のちにそのつながりで付き合う人もいた) 

その後嫁とは会えば挨拶をする程度だった 
俺は3年生になり、運動部は引退して受験に専念することに 
勉強するための静かな教室を探していて、偶然美術部の部室を覗いてみると、そこに嫁がいた 
文化部は3年生でも引退しなくてもいいらしく、嫁は毎日そこで絵を描いていたらしい 

俺を見つけると、嫁は 
「(俺)君テニス部だったよね!ちょっとそこでラケット持ってポーズとって!」 
とモデルに任命されてしまった 

お分かりだと思うが、某バスケ漫画→某テニス漫画、と嫁の趣味の幅は広がっていたらしい 

モデルしてる間は暇なので、いろんな会話をした 
嫁は推薦で普通大学への進学が決まっており、俺が普通受験で狙っている第一志望と同じ大学だった(学部は違う) 
モデルのお礼に、と勉強を見てもらったりもするようになった 
嫁の焼いたクッキーも食べたりした 
美味かった 

で、高校卒業→大学で再会→オタクイベントへの強制参加→gdgdな同棲→卒業(笑)→大学卒業→gdgdなまま結婚→現在 

この夏は初めてコミケに参加できない 
嫁が8月出産予定だから


このページのトップヘ