嫁さん大好き

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/21 01:24:49
初めてこのすれに書き込む

俺は×1で嫁と結婚した
元嫁との間には息子と娘がいた
離婚理由は元嫁の浮気 だが親権は元嫁に行った
元嫁は間男と結婚し、子供達はそこで暮らしていた
子供達とはたまに会えたが、子供達も今の間男が一応父親のため、あまり親子の感じは
しなかった

嫁も子供も間に奪われ、死んでしまいたくなって無気力に生きていた俺が現嫁と出会い
数年後に結婚
子供を作ったらまた逃げられるような気がして数年作らなかったが、気持ちも癒えてきたので
子供を作った
今嫁との子供はかわいい。今嫁は子供が出来ても、俺を捨てなかった
これから、頑張ってこの子を育てようと思っていた矢先、元嫁夫婦が事故で死んだ



30: 遼寧 2013/02/19 21:04:41
うまく書き込みできるかわからんが、書き込んでみる。

僕は中国人ですが、2年前日本女性と結婚しました。
バツイチなのだが、前の夫はこんないい嫁をよく手放したと思う。でもそのおかげで僕は超幸せ。
死ぬまで幸せにしてみます!


488: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/10 11:52:32
僕も嫁さん大好きっすわー。

とにかく誰に対しても優しくてみんなに好かれてる。異性関係も堅いぐらい堅い。付き合ったのは僕だけ。
いいとこのお嬢さんなんだけどそれを感じさせない。友達の結婚式とか行くのにドレスじゃなく着物で行くあたり、いいとこのお嬢さんって感じだけど。
悪いところが思い浮かばない。なぜ僕のとこに来てくれたのか本当に謎。


598: 1/2 2013/07/23 17:53:13
長文かも
俺、長男だけど小さい頃から両親に「使えない奴」って言われ続けてきた
親がそんな調子だから弟も妹もそんな風に扱う
で、おかしなことに使えない奴って言われながら酷使され続けてきた
小さい頃は家事係、就職したら家事係兼財布係
おむつ替えて靴下はかせてやったりしたチビたちに「小遣いもっとよこせよ使えねーな」と言われるようになった時は悲しかった
でもぼんやり使われながら生きてた
そして図書館でふとした切っ掛けで嫁と出会いお互い好きになって結婚した
嫁は料理が苦手だから仲が深まってからは俺がマンションに通って飯とか作ったりした
俺、恥ずかしながら外で週一程度旨いもん食える程の金も無かったんだ
でも甲斐なしなんて言わず嫁は喜んでくれた
「嬉しい、美味しい、ありがとう、御馳走様」ってさらっと言えるところに益々惹かれた


651: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/21 19:10:01
Dropboxを自宅PC、職場PC、自分のスマホ、嫁のスマホとも同じアカウントで使ってるから、嫁が子供の写真撮るたびに職場PCにも送られてきて和む
時々自作のパンとか服の写真も送られてきて感心する
マジでこの嫁で良かった


726: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/28 23:02:03
うちの嫁さんは余所見も多いし、足元注意してくれと言った側から足を滑らせる。
世の中のふとした疑問につまずいては「あーでない、こーでない」とブツブツ。
悪いけど、言ってしまえば変人の部類に入ると思う。
でも一途で、料理がうまくて、共働きだが家の中を整えて保ってくれている。

ある日、自宅で二人して昼飯を食べてる時に、嫁さんの携帯に着信。
嫁さんの会社かららしく、何かトラブルがあった模様。
「その案件は○○課長が責任者だから、連絡取って指示を仰いで」
「もし課長へ繋がらなければ部署A、もしくは部署Bに電話を」
「ただし部署Bは結構立て込んでいるから、部署Aで解決できない場合に連絡回して」
「返答は急がないでOK、また問題が起きれば連絡して」
……とまあ、いつもの嫁さんから想像も出来ないほどてきぱきした回答。
その、仕事用の口調とか表情がちょっと眩しく感じた。
嫁さん、「ギャップ萌え?ウフフ」とか笑ってたが……体壊さない程度にしてくれな。


494: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/15 15:04:37
友人の結婚式で実家に帰ってた嫁を新幹線の改札まで迎えに行ったら
笑顔で小走りしてきて抱きつかれフレンチキス。
周囲の人にガン見されて恥ずかしかった。
丸3日も顔合わせてなかったからお喋りが止まらず
外食して帰ったら疲れたみたいで爆睡。
手を握ると寝ててもニヤニヤする嫁が可愛くて好きだ。


197: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/30 21:01:39
この連休の4日間赤ん坊の娘とず~っと一緒だったんだけどさすがに疲れた
娘は大好きだし子供の相手するのは得意な方だと思ってたけど毎日全時間一緒だと精神すり減るわ…
これをもう7ヶ月も続けてる嫁さんに対する尊敬の念が深まった
負担かけ過ぎないようにせんとこれは心が折れるな


このページのトップヘ