結婚生活

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 15:32:16
前スレ925、ミニバンで農道突撃嫁の旦那です。
うちはトメと嫁が仲良いのは良いのですが、どうも嫁はトメに行動パターンが似てきているのがよくわかりました・・
今日は子供の学校行事で学校周辺の道路がかなり混雑しました。
で、ショートカットしようとして変な路地(通り抜け不可)に突撃。側溝に脱輪して行動不能・・・
一月に二人して同じようなことして救援とか、先が思いやられますorz



71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/24 14:04:36
昨日、新しく買ったタブレットを俺がいじってた。
画質が綺麗だったので、風呂上がりの嫁を撮影して画像をみせた。

俺「どう?(画質が)けっこう綺麗じゃない?」
嫁「そうかな?ちょっとシミがあるけど」

まあね、俺の聴き方が悪かった。


5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 08:04:16
店頭にはなかなか無い釣竿を通販で買って、独身の友達の家に届けて、この前の三連休に一緒に釣りに行った時に持って来て貰って、そのまま何食わぬ顔で持って帰ったら今まで何も言われなかったけど、昨日数が多いのがバレた…

ヒスおこした…
キッチンのドアを蹴り壊して正気に戻ったけど、長かった。


299: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/05 08:29:42
早朝出勤して今やすみ時間なんだけどさ
嫁メール「朝からお疲れ様。今夜はスパイシー肉団子だよ!」
嫌な予感しかしねぇ…大体フツーの肉団子だってままならねぇ腕前なのに何で応用編いっちゃうかなぁ


124: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/30 00:50:17
レトルトカレーは食い飽きた。
飯がないなら連絡くらい入れろ、食ってかえるから。
メール一通打つのも面倒なほどの相手なのか、俺は。

平日は残業から帰って、洗濯、片付け、洗い物(赤ん坊と嫁が使った食器の)
休日は家事全部して、買い物の運転手して、遊びに行くことも許されず。
出張にいってこっちから連絡しても無視。
ホテルや食事の領収書の提出を要求(浮気を疑ってるらしい)

愛してくれるわけでもなく、やさしくしてくれるわけでもなく
夫を立ててくれるわけでもなく、自由を与えてくれるわけでもない。

氏ねとは言わんから消えてくれ。本当、離婚したい。
子供が居なかったら即離婚してる。
結婚してから酷くなって、子供がうまれてから更に酷くなった。
多分こういう人多いんだろうなあ。
経験者に聞きたいんだが、こういう嫁って離婚切り出したらなんて言うんだろう。


554: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/09 19:47:47
嫁からメール
「今日は炭酸ソーダスパだから早く帰ってきて」
嫁よ、テレビでやってた「炭酸ソーダスパ」は、スパゲティじゃなく風呂って意味のスパじゃないのか?エステかなんかじゃなかったか?


396: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/06 20:29:58
エースコンハットのやつ見て来ました
共感出来すぎて涙が出ました

結婚四年目で子供は二歳です
嫁のメシに慣れて、それが普通の味覚になって行く娘が不憫でなりません

最近の我が家の流行りはあんかけです
昨日はあんかけラーメンでした
灰色の何かがラーメンに乗っていました
ダマだらけで何度か反芻しました
涙目を隠して頑張って食べました

これからしばらくお世話になりますよろしくお願いします


120: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/31 19:27:51
流れ読まずすまん

昨日俺が休憩してるときに事務の子もメシ食いに来たんだ
普段は昼休憩同じ時間にならないから知らなかったんだけど、その子毎日弁当作ってきてるんらしいんだ
見せてもらったらさ、サーモンのチーズ焼きとか粉ふき芋とかキンピラとか普通なんだけどスゲーウマそうなんだよ
新入社員で初めて独り暮らししてる子がこんなにウマそうな弁当作れるのに、小梨専業の嫁は何故ジャム白米弁当…

事務の子は見た目可愛い訳じゃないけどニコニコウマそうにメシ食っててさあ
俺何でこういう子と結婚しなかったんだろうって一瞬思ってしまった


31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/25 23:34:44
今日も一日ほとんど会話無く終わった。
片時も携帯を離さない嫁の背中に「先に寝るよ」と話しかけて。

寝室に行ったら年長の息子が自分の布団の中にいた。
「おいおい」と動かそうとしたらなんとまだ起きてた。
「なんで寝てないの?明日保育園でしょ?起きれないよ!」と少し強い口調で言ったら「ぱーぱ好きだから一緒に寝たくて待ってたの」て(;_;)

あぁ…この子等がいるから頑張れるんだ、冷え切った仲でもこいつらが独り立ちするまでは片親にしないよう耐えなきゃなぁて涙ぐんでしまった。


このページのトップヘ