917: 911 2006/05/10(水) 00:38:17
若かりし頃の話です。
当時私16歳
元彼(23歳)…A
彼(22歳)…B

ちょうど夏の事でした。花火大会の前日に突然Aから花火大会へお誘いの連絡が。
もちろんBと前々から約束をしていたし、Aは別れているのですから当然断りました。
当日、Bと初デートという事もあり思い切り気合いを入れて行きました。
花火大会も終わり、込みあっている電車に乗り私の家の最寄り駅にむかっていました。

引用元: ・◇修羅場◇part22





920: 911 2006/05/10(水) 00:48:09
B『あのさ、さっきから言おうと思ってたんだけど携帯ずっと鳴ってない?』
そう言われバッグから携帯を取り出すとAからの着信が…
ちょうど花火大会が終了した時間くらいからずっとかかってきていたらしく
20件近く入っていました。満員電車だし仕方がなく途中下車をしました。
私『Aからずっと電話がかかってきてるんだけど』
と、とても恐ろしくなりBにAが元彼だと言う事を話しました。

925: 911 2006/05/10(水) 00:56:25
B『電話出てみれば?こんなに着信はいってるし。もしやばそうなら電話かわって?』
そう言われて少しするとまたAから電話が…
私『も、もしもし?』
A『……○○(私)?オマエ何で帰ってこないんだよ…オマエの家の近くでずっと待ってるんだよ?』
その言葉を聞き、もう恐怖以外のなにものでもありませんでした。
Aの家は私の家から電車で1時間近くの所にあるのですから。

928: 911 2006/05/10(水) 01:07:13
私『え…あ‥あのさ…』
A『俺の〇〇何処行っちゃったんだよーー!!』
そう怒鳴られて、この人頭いっちゃってる…と思いました。
見るに見かねたBが、代わりに話をつけると言うので電話をかわりました。
B『あー、もしもし?アンタもぉ別れたんだろ?俺?〇〇の彼氏だけど?』
そんな切り出し方で話していたと思います。
B『〇〇すごく恐がってるし、お互い落ち着くまで時間をおこう。』
とBはAに告げ、電話を切りました。
B『今日は家に帰ってもらうように頼んだから早く〇〇も家に帰ろう?』
私『でも…』
不安がる私をなだめて、電車に乗りました。

933: 911 2006/05/10(水) 01:16:08
恐怖で足がすくみ、手足が夏の蒸し暑い時期なのにとても冷たくなりました。
私の最寄り駅につき、改札を出た瞬間…
Aが待ってたんです。ものすごくBを睨み付けていました。
私『……A……』
そう言った瞬間AがBに掴みかかったんです。
A『オマエか?〇〇の彼氏とかほざいてる奴は??』
B『…そうだけど?〇〇迷惑だってよ!付きまとうの止めろよ!俺が許さない』

939: 911 2006/05/10(水) 01:23:02
Bの言葉は頼もしかったし、Bはガタイが良かったから喧嘩になっても勝てると思っていたんでしょう。
でも1つ一番重要な事を言い忘れていたんです。
Aがボクサーだって事を…目の前で、ボコボコに殴られているBをただ見る事しかできませんでした。
Bの次は私の番だ…と思い込み頭は真っ白です。

947: 911 2006/05/10(水) 01:33:42
Aはボクサーだから素人さんを気絶とかするまでは殴らなかったけど、
Bが座り込んで、抵抗しなくなったら私の腕を思い切り掴んで
A『〇〇は俺が送っていくから』
一言そうBに言い残し、人気のない薄暗い道の方に私をぐいぐい引っ張って行きました。
抵抗しようにも、適うはずなく引っ張られました。
しばらくすると
A『〇〇愛してる。オマエがいなきゃやっぱ駄目なんだよ。お願いだから戻ってきて?』
とAは泣いていました。
恐怖に震えてしまっている私は、その言葉は届いていませんでしたよ。恐すぎて。
しかし、何か言わなきゃと思い
私『もう無理だよ。暴力嫌いだし…か、帰ってよ!』
勇気を振り絞って言いました。

951: 911 2006/05/10(水) 01:38:32
すると、少し躊躇った後
A『恐い思いさせてゴメン。今日はもう帰るから。愛してるよ〇〇。本当にごめんね。』
そう言って、おとなしく帰っていきました。
こんなに簡単に帰ってくれるとは思ってなかったので拍子抜けしましたよ。
でも、本当の恐怖はこの後でした。

958: 911 2006/05/10(水) 01:44:49
この事があってからBとは連絡が取れなくなりました。
でも、あんな事があった後だしなぁと諦めていました。Aからも連絡がぱったり来なくなって
とても楽しく高校生活を送っていました。が、
学校帰りに私を呼ぶ声がしたと思ったら、Aが車で待っていたんです。
びっくりしたけど、落ち着いてたし話があるって言われて、私も小娘だったもので
Aの車に乗ってしまったんです。

965: 911 2006/05/10(水) 01:59:11
車は急発進し、どんどん山奥へ… 
逃げるすべもなく、恐くなって泣いてしまいました。 
着いたのは車ごと入れるホテル…(モーテル?)車から引きずり下ろされて、部屋へ… 
レ○プされました。 
もう頭真っ白で、家まで車で送ってくれましたが、その後はずっと電話攻撃でした。 
レ○プでしたがゴムは付けてくれたみたいで、ちゃんと生理がきて安心しましたが、 
その後、バイト先の人に泣きながら今までの事全てを話して、アドバイスをいただきました。 
ま、簡単に言えば警察に相談すると言ったんですけど。 
そうしたら、電話もメールも来なくなりました。 
自分が幼かったばっかりに、考えが甘くこのような事になってしまったと 
今でもたまに思い出し反省しております。 
下手な文章で分かりにくく、申し訳ございませんでした。 
また近いうちに、もう一つの修羅場話でも投下させてください。 
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

970: 恋人は名無しさん 2006/05/10(水) 02:05:47
よくみると>>958読んだらBがカワイソウになってきた。

975: 911 2006/05/10(水) 02:15:25
またまた失礼いたします。 
Bが殴られている時、恐ろし過ぎて何も考えられなかった自分が最低ですよね… 
Bとはそれっきりで、携帯もかえてしまったらしく連絡がつきませんでした。

977: 恋人は名無しさん 2006/05/10(水) 02:17:41
>>958で、Bを諦める早さにビックリ
ちっとは気にしてあげよ、ボクサーに殴られまでして
本当カワイソスorz





1000: 名無し@HOME